好きな人に告白するなら知っておきたいこと

好きな人に告白するなら知っておきたいこと 恋愛ノウハウ
恋愛ノウハウ疑問・不安(お悩み解決)
この記事は約4分で読めます。

好きな人を見つけた場合、その胸のときめきに幸せな気持ちになるでしょう。そして「できるだけ早くお付き合いしたい!」と考えるのは当然のことですし、そうなると告白というステップは必ず必要となるでしょう。

実は告白を行うというのは日本特有の文化とも言われており、海外では告白なしで付き合う国もたくさんあります。

そう考えると日本の恋愛は面倒に思えるかもしれませんが、郷に入れば郷に従えという格言もあるように、どのように告白をすべきか計画を練りましょう。

実は一度も告白したことがなかったから、どうすればいいか分からない…」という人も多いため、今回は好きな人に告白する際に知っておきたいことを分かりやすくまとめます。

出会った直後の告白は大抵失敗する

すでにご存知の方も多いと思いますが、出会った直後の告白は大抵失敗します。

世の中には一目惚れという言葉もあるように出会った直後に好きになることもありますが、それをそのまま口に出して伝えるのは好ましくありません。

相手からすればこちらは『知り合ったばかりの他人』ですから、そんな人に告白されても混乱するのが普通です。

そうなると拒否するのが普通ですし、漫画やアニメみたいにいきなり気持ちが通じ合うのはまずあり得ないと思っていいでしょう。

また、最悪なのは『遊び目的だと思われること』です。

いきなり好きだと伝えるとこちらの気持ちも軽く見られ、「そんなにエッチなことがしたいのかな…」なんて思われたらどうしようもありません。

まずはじっくりと交流を重ねよう

好きな人に告白するのなら、まずはじっくりと交流を重ねてください。

たとえば最近多くの人が利用しているマッチングアプリの場合、最初はメッセージ機能を使ってやり取りしたり、連絡先(LINE)交換して通話したりする感じですね。

こうした交流を重ねていれば、相手もこちらに興味を持ってくれるかもしれません。

少なくともちょくちょく交流してくれるのであれば嫌われている可能性は低いですし、脈ありかどうかを確かめるファーストステップになるでしょう。

交流の方法は他にもいろいろありますが、いきなりデートに誘うのは好ましくないため、実際会いたいなら複数の知人と一緒に集まるのがおすすめです。

好意はさりげなく伝えよう

好きな人に告白するのなら、やっぱり事前に好意を伝えておくのが重要です。

しかしいきなりストレートに伝え過ぎると告白しているようなものですから、あくまでもさりげなく伝えていくのが得策だと言えるでしょう。

たとえば「こうして会話しているとすごく楽しい!」とか「一緒に過ごしていると時間を忘れてしまう」といった感じで、『好きとは言わないものの好意が感じられる言葉』を伝えるといいでしょう。

そうすれば、相手もこちらにドキドキしてくれる可能性もあります。

人間の好意というのは『お互いが伝え合うことで徐々に大きくなっていく』という仕組みがあります。

だからこそ、常日頃から伝えておくといいでしょう。

何度かデートを重ねる かなり仲良くなって実際に会って遊べるようになったら、何度かデートを重ねてください。 「デートって恋人になってから誘うものでは?」と勘違いしている人も多いのですが、デートとは『恋人になるかどうかを確かめるために行う』というケースも多いのです。 たとえば先ほども触れたマッチングアプリで楽しく話していたとしても、実際に会ってみると「そんなに楽しくないな…」と感じるかもしれません。 それなのに先走って告白するのも良くないので、惚れっぽい人は注意しましょう。 好きな人ができたと思ったときこそ、「本当にこの人と恋人になるべきなのかな?」と一度じっくり考えてください。 デートは、それを確かめる一つの方法となるでしょう。 告白は夕方以降の雰囲気のいい場所がおすすめ

デートを重ねてお互いの好意も深まったのなら、いよいよ告白をしてみましょう。

しかし告白にもタイミングがありますので、基本は『夕方以降で雰囲気のいい場所』で伝えるのがベストです。

なぜ夕方以降なのかと言うと、昼間よりも成功率が高いという研究結果もあるからです。

日が落ちてくると町に明かりが灯りますが、それだけでもどことなくロマンチックになるように、遅い時間帯は自然と告白向きのムードになるでしょう。

また、雰囲気のいい場所で伝えるのも重要です。

たとえば静かでおしゃれなレストランはいかにもな感じではあるものの、昔から活用されてきただけあって高い効果を期待できるでしょう。

告白は計画性も大事

告白というのは情熱に任せて行うイメージがありますが、実際は計画性も大事です。

相手に対する情熱も不要ではありませんが、それは計画性があって初めて活きてくるため、優先順位を間違わないように意識しましょう。

どうしても不安な場合、一度簡単な流れをメモに書き出すと分かりやすくなります。

変な部分があれば随時修正するのもいいでしょうし、自分なりに告白のためのチャートを作成してみましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました