マッチングアプリではタメ口OK?話し方を変えるタイミングについても考える

マッチングアプリではタメ口OK?話し方を変えるタイミングについても考える マッチングアプリノウハウ
マッチングアプリノウハウ
この記事は約6分で読めます。

マッチングアプリを利用する際に、他のユーザーに対して「タメ口」で接することは、一般的には避けるべきです。なぜなら、初対面の相手や知り合いのない人々に対して敬意を持ち、礼儀正しさを保つことが重要だからです。特にデートや恋愛に関するアプリでは、相手とのコミュニケーションを尊重し、適切な言葉遣いを心がけることが大切です。

ただし、人によってはある程度のタメ口でコミュニケーションをすることを好む場合もあります。しかし、それに関しても相手の反応を見極め、無理にタメ口で接するのではなく、お互いに気持ちよくコミュニケーションができるスタイルを見つけることが大切です。

相手のプロフィール情報や会話の流れに合わせて、敬意をもってコミュニケーションをとることが良い結果を生むことが多いです。初対面の相手に対して礼儀正しさを持って接することは、良い印象を与える重要な要素の一つです。

家族や友人と話す場合、ほとんどの人がタメ口で会話しているでしょう。タメ口というのは『敬語を使わない話し方』であり、敬語が発達した日本においては特別な話し方だと言えます。だからこそ、外国の方からすると敬語との使い分けが難しいとされています。

とは言え日本人にとっても「敬語のほうがいいかな?それともタメ口?」と悩む局面はあるでしょう。

例えばマッチングアプリにて仲良くなりたい相手を見つけた場合、敬語よりもタメ口のほうがいいという人もいれば、敬語のままでいいと話す人もいます。

マッチングアプリではタメ口はOKなのか、そしていつならタメ口で会話してもいいのか、これらについてしっかりと考えていきます。

どんな場合でも最初からタメ口はNG

まず最初に知っておきたい点として、『最初からタメ口で話すのはNG』という事実があります。

フレンドリーさを強調したい人や敬語が苦手な人は最初からタメ口を使いたくなるかもしれませんが、これは全くおすすめしません。

そもそも敬語とは『相手を敬う意味を込めた綺麗な言葉遣い』であり、敬語が使えないということは『相手を敬う気がない人』ということをアピールしているようなものですから、常識を疑われても仕方ありません。

例えば会社の面接でも敬語が必須なように、敬語というのは『初対面の相手に対する礼儀』となっています。

お互いを敬えない人はまともなコミュニケーションが取れないため、敬語が苦手な方は今すぐ直しましょう。

そもそもメッセージでは常に敬語でも問題なし

そしてもう1つのポイントとして、『メッセージで話している間は常に敬語でも問題なし』ということも知っておきましょう。

マッチングアプリではお互いがいいねを押すとメッセージでやり取りできますが、実際に会うまでは敬語のほうが無難です。

メッセージでのやり取りというのはずっと残るため、タメ口でやり取りしていると馴れ馴れしい言葉遣いが残り続けるということでもあります。

そうなると、後から読み返した時のイメージダウンにつながりやすいです。

実際に会って話すなら文字としては残らないものの、メッセージだといつでも読み返されるという点をしっかり意識しましょう。

もちろん、相手から「タメ口で話しませんか?」と言われたらその限りではありません。

マッチングアプリでタメ口が嫌われる理由

なぜマッチングアプリでタメ口が嫌われやすいのか、その理由については以下の通りです。

  • 常識がなさそうに見える
  • こちらのことを軽視していそうに見える
  • 馴れ馴れしく感じる
  • チャラいイメージが強くなる

例えば小さな子供が敬語を使えなくても「まだ常識を知らないだろうから…」と割り切れますが、いい大人が全然敬語を使えない姿を見ると、「この人は常識がないな」と思いますよね?マッチングアプリは大人が使うサービスですから、常識がないと思われた時点で論外と判断されるのです。

また、敬語を使わないと相手を軽く見ていると思われやすく、特に女性に対していきなりタメ口を使う男性は『女性を軽視している古い考えを持つ人』と認定され、即刻ブロックされることもありえます。

そして馴れ馴れしいと思われるだけでなく、遊び目的で声をかけてくるチャラい人だともイメージされますから、真剣に相手を探している人からもスルーされます。

タメ口に切り替えてもいいタイミングとは?

もしもマッチングアプリで知り合った相手とタメ口で話したいなら、以下のタイミングで切り替えてみましょう。

  • お互いがタメ口でいいと伝え合った時
  • 実際に会って仲良くなれた時
  • 別の連絡先を交換して会話が盛り上がった時

もしもお互いがタメ口のほうが楽だと感じているなら、そう伝え合うことでタメ口でも普通に会話が出来るようになると思います。

お互いが納得しているなら、無理に敬語を使う必要はありません。

また、実際に会ったりアドレスを交換したりするならかなり仲良くなった証拠でもありますから、タメ口に切り替えるタイミングとしてはちょうど良いです!

その場合も何の脈絡もなくタメ口になるよりも、「よかったらタメ口で話しませんか?」と聞いたほうが無難です。

タメ口で話しかけられるのを避けるコツ

もしもタメ口で話しかけられるのを避けたい場合、以下の点に注意しましょう。

  • 自分のプロフィールにその旨を書いておく
  • 相手のプロフィールを読んで常識があるかどうかチェックする

マッチングするまではメッセージを送られることはありませんので、プロフィールに書いておけば「あ、この人はタメ口が嫌なんだな」と伝わりやすくなります。

これを堅苦しいと感じる人であれば、そもそもマッチングしなくなるので気は楽です。

また、自分からいいねを送る際もプロフィールをチェックし、「この人はいきなりタメ口を使うこともなさそうだな」と確認しましょう。

タメ口は親しい関係だからこそ成立するのを忘れずに

タメ口は親しくなるための手段ではなく、『親しい関係になってからこそ成立する話し方』というのを忘れないようにしましょう。

この順番を理解できていないと、いつまで経っても会話が続きません。

マッチングアプリでの話し方

相手とのコミュニケーションを円滑に進めるために重要です。以下に、良い印象を与えるためのマッチングアプリでの話し方のポイントをいくつかご紹介します。

  1. 丁寧な挨拶: 初めに丁寧な挨拶をしましょう。簡単な「こんにちは!」や「こんばんは!」から始めて、相手との会話をスタートさせましょう。
  2. 相手のプロフィールに言及: 相手のプロフィールを読んで、共通の趣味や興味を見つけたら、それに言及して会話を始めると良いです。これによって共通の興味を共有し、会話が弾みやすくなります。
  3. 質問を投げかける: 質問を投げかけることで相手に会話に参加してもらいやすくなります。ただし、あまりプライベートな質問は避け、軽いトピックから始めることをおすすめします。
  4. オープンエンディングの質問: オープンエンディングの質問(例:「最近どんなことをしてましたか?」)を使うと、相手が詳しく話しやすくなります。
  5. 褒め言葉を使う: 相手の写真やプロフィールに対して褒め言葉を使うと、相手に良い印象を与えることができます。ただし、誠実な褒め言葉を使うように心掛けましょう。
  6. ポジティブなトーンで会話を進める: ネガティブな話題や愚痴を避け、ポジティブなトーンで会話を進めることで楽しい雰囲気を作りましょう。
  7. 自己紹介: 自分のことも簡単に紹介し、共通の話題や興味を見つけるきっかけにしましょう。
  8. 相手の反応に注意: 相手の返信や反応を見て、会話の進め方を調整することが大切です。相手の興味に合わせた話題を選ぶことで、会話がスムーズに進みます。
  9. 適度なタイミングで会話を終える: 長い間会話を続けることも大事ですが、相手の興味を引いた状態で終えて次回に繋げるのも良い方法です。
  10. リスペクトと配慮: 相手の意見や感情にリスペクトを示し、配慮のある会話を心掛けましょう。無理に会話を進めるのではなく、相手が快適なペースで会話できるように配慮しましょう。

これらのポイントを参考にして、相手との会話を楽しく、尊重の意識を持ちながら進めることが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました